« 怪奇音。 | トップページ | ワタシをキュウリで釣ってみて。 »

2006年6月 9日 (金)

ヒト、心躍る。

先日、お友達のももくりちゃんが「カルティエ現代美術財団コレクション展」に誘ってくれた。
ジュエリーとかの展示?と思ったら違う違う。

パリにあるカルティエ現代美術財団がコレクションしたアートの数々を海外初公開!という貴重な展覧会。


「現代美術」というと、その多様性からか、どうも理解困難というイメージがあるんですが、今回の展覧会でその先入観はすっかり拭えました。


Photo

まず、二人してドギモヌカレタのが、今回のメイン作品ともいえる「ロン・ミュエク」さんの『イン・ベッド』というアート。ももくりちゃんのお目当ての作品でもあります。

↑パンフレットの表紙にもなっているのですが、ともかくこのヒト、デカいんです。
しかも超・超・超リアル!
ベッドの周りに人が何人か写ってますよね?
これが人間(作品を観覧している人たち)ですよ!


この作品の前では、まるで自分たちが小さな動物になったような気になり、なぜウチのみつぼが初対面の人間を恐がるのか、ちょっとだけ分かった気がしました( ゚ ▽ ゚ ;)

毛穴やツメのギザギザ、青白く透けた血管などが精巧に作りこまれており、不気味ながらもすいこまれそうになる、不思議な作品でした。


他にも、長い長いテーブルの両端に座った二つの人形が、マイク越しに意味不明な会話をしている…など、視覚だけでなく聴覚を利用した作品などがあり、ともかく不思議な体験のできる展覧会でしたー!


どの作品も、見ていると自然に笑顔になったり、「これどうやって作ったのー?」と作品の数センチ近くまで近づけたり…。中には実際に触れる作品も。

そんな自由な楽しみ方ができるのが「現代美術」の魅力の一つなのかな、とマイナスイメージ払拭!!


誘ってくれたももくりちゃんに感謝・感謝!
アリガタビーム!!(ノ・_・)‥‥…━━━━━☆ピーー

|

« 怪奇音。 | トップページ | ワタシをキュウリで釣ってみて。 »

人間のこと。」カテゴリの記事

コメント

おもしろかったねえ
まず、誰の趣味で集めたものなんだ?から始まり、芸術員の執拗なマークをものともせず、作品に対する勝手な評価を言うのが面白かったな

お土産屋で、巨大リアル彫刻の本を見ながら、二人で大騒ぎしてた時、何事かと、後ろから人が見に来てたのしってた?

投稿: ももくり | 2006年6月 9日 (金) 22:45

■ももくりちゃん
>後ろから人が見に来てたのしってた?
知らなかった!
ワタシ、驚いたり感動すると、人目はばからず大声だすからなぁ。
ももくりちゃんと行った人生初のイルカショーの時も、うれしさのあまり大声出しすぎて声枯れたもんねー。

投稿: mitsubo | 2006年6月12日 (月) 21:38

イルカショー見るより、みつぼんちゃん見るほうがおもしろかったよ

投稿: ももくり | 2006年6月13日 (火) 11:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177942/10451903

この記事へのトラックバック一覧です: ヒト、心躍る。:

« 怪奇音。 | トップページ | ワタシをキュウリで釣ってみて。 »