« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月に作成された記事

2006年12月31日 (日)

感謝。

日付も変わり、とうとう大晦日。


ワタシことmitsuboは、なぜだか例年にも増して「大晦日がやって来た!」という実感もないままヌクヌクとネコ・カメさんとともに引きこもっております(;´▽`)==3


ホシガメのうずらがワガヤにやって来たコトをきっかけにこのBLOGを始めたのが8か月前。

それまで、他愛のない日々だと思っていた毎日に対して、自分の見る目が大きく変わりました。
それもBLOGを書くということ、そして何より、このBLOGを読んでくださるみなさまのおかげです!


いつもこのBLOGを読んでくださっているみなさまやBLOGをを通じて知り合えたみなさまには感謝の気持ちでいっぱいです。


では、みなさまよいお年をお迎えください。

そして、来年もみつぼ・うずら・mitsuboをよろしくお願いいたします(*゚∀゚)*


061231
↑大掃除で大嫌いな掃除機が登場。
 掃除機との戦いに疲れ果てて眠る今夜のみつぼ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月30日 (土)

情熱のレタス。

今日の東京は快晴。
自転車に乗って一駅離れた大きめのスーパーまで、ホシガメのうずらのゴハン(年末年始ストック用)を買いだしに行きました。


青果売り場の片隅では、くたびれた野菜がワゴンセールになっていました。
そこに、まだまだおいしそうな「ロメインレタス」を発見。


お年寄りの多いワガヤ近辺。
ロメインレタスなどと言うおされーな野菜はきっと売れ行きが良くないのでしょう。


「うずらは、サラダ菜大好きだし、きっとコレも食べるだろう…」という安易な発想で、購入ケテーイ。

061230_1




帰宅後、早速ロメインレタスちゃんをうずらにあげてみると…

Σ(・ω・ノ)ノ ひぃぃ。


うずらは寝起きとは思えない音速で、ロメインレタスちゃんにがぶりより!

うずらにくわえられたロメインレタスちゃんは、空中を上下左右に乱舞!!
まるで、ロメインレタスが情熱のダンス・サルサでも踊っているかのよーです。


勝負は3分で閉幕。完食です。

うずらがワガヤへ来てちょうど8か月。
今までで一番、情熱的な喰いつきぶりでした。


061230
↑じっとしている写真を撮るのに相当、苦労しました…。

主食もこんな勢いで食べてくれりゃいーんだけど…。
好きなものばかり食べてちゃカラダに良くない、どうやらこれは人間もカメの同じようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月28日 (木)

冬支度。

11月の半ばのある日、ホシガメのうずらのおウチも冬仕様に衣替えしました。



061228_1


(1)ケージの天井に赤外線ヒーター「暖突」を増設。

(2)ケージの周囲を、100均で買った保温シートで囲む。

(3)ゴハンが嫌いな小松菜と山東菜だけだとと分かるやいなや、カメハウスにきびすを返すうずらさん。


(1)と(2)のお陰で、冷え込みの厳しい早朝でもケージ内は30度をキープ出来ています。

「おとっつぁん、こげな葉っぱしかなくてすまんこって。
 したっけぇ、寒ぅなるで、よーけ喰わんと…」
そう声をかけたくなるような(3)。



秋らしい陽気も感じられないまま冬に突入してしまったような今年。

いつか、日本には四季がなくなるのでは…?
春も秋もない、二季になってしまうのでは…?

そんな不安を身近に感じた今年の秋でした。


40年後には、地球の平均気温は1.5~3.5℃上昇すると予想されています。
40年後には、南極の氷は溶けて無くなってしまうそうです。


自分の生活やカメさんやネコためにたくさん電気を消費しているワタシが言うのもなんですが…。

みんなで止めよう温暖化 チーム・マイナス6%


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年12月26日 (火)

ネコカード&カメスプーン。

昨日、ポストを開けたら、ももくりちゃんから封筒が届いていました。



封筒の中身はというと…


↓みつぼの小さい頃に似たネコさんのクリスマスカード ゚+.(・∀・)゚+.゚
061225_m1
ハナヂモノです(′∀`)
肉Qのところを触ると、プニプニ〜っとします。




↓そして、かわいいカメさんのスプーンも ・+(*゚∀゚*)+・*
061225m
ぐへぇ。かわいいー。



ももくりちゃん、ありがとー!


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月25日 (月)

カメの健康診断。

10月の話になりますが、カメのうずらを病院へ連れて行きました。

前回(5月)と同じ病院です。



5月の診察の際、「秋くらいに駆虫と健康診断を兼ねてまた診察しましょう」と言われていたので、今回の目的は「健康診断」です(^^)

※友人に話すと、「え〜、カメも健康診断必要なの?」とかなり驚かれますが、サイレントアニマル・うずらには、半年〜1年に1回くらいは必要なんじゃないかな?とワタシは思うのです。


病院は、都内にある爬虫類専門病院で、先生も経験豊富、ワガヤから車で20分くらいで行けるし…と何かと便利です。


■まずは体重測定

 先生(以下、先)「おぉ〜順調に成長していますね。四肢もムチムチでいい感じです。」
 
 ワタシ(以下、ワ)「カルシウム剤は週に1回程度なんですが、足りていますか?」
 
 先「今、どんどん成長しているので、毎日ひとつまみだけあげてくださいね。」


 どうやらワガヤでは、ネコもカメもムチムチ人生を歩んでいるようですね…。



■お次はレントゲン撮影

 先「心配していた結石も見あたりません。大丈夫ですよー。」
 
 ワ「ウチに来た時から、尿酸がザラザラしているのですが…」
 
 先「環境に問題はないようだし、固まりにならない限り大丈夫です。
   水分の多い野菜をたくさんあげてくださいね。」

061225
↑どーーん。
 クリオネの様なうずらのレントゲン写真。
 頑丈な甲羅があっても内蔵って映るノネ…。



■最後に、駆虫薬(2週間に1回×3回分)を処方してもらい、診察は無事終了。

 診察中、1度も顔を引っ込めなかったうずら。
 
 先生は、そんなうずらを顔の前まで持ち上げて、じぃぃっと見つめながら…
 先「しっかし、君は怖がりもしないし、カワイイ顔をしているなぁ。」

 やだぁ、先生ったら…
 そんな少年のような顔をして、真剣にカメを誉めてくださる先生の方が
 カワイイでございます(*/∇\*)
 ありがとうございました。



※性別については、
「高い甲羅など身体的には女の子っぽいんだけど、顔つきは絶対に男顔なんだよなぁ〜」
とのこと。


いつの日かやって来る「性別判明の日」を楽しみに、大事に育てます。

恐がった様子はなかったものの、通院は相当のストレスになったのでしょう。
帰宅したうずらはグッスリZZZ…でした。

お疲れさまでした。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月23日 (土)

Merry Christmas!

061223
「Merry Christmas!!!!!」


| | コメント (2) | トラックバック (0)

舌先でサクランボを結ぶ。


061221_1_1
「私、舌がすんごく長いから、
     鼻先に届くよー。見てぇー。」






061221_2
「ほれ。おめぇ、できっか?」



……う、うーん。
すごいなーみつぼ…。
でも、一言申し上げてもよろしいでしょうか?

それってさ、みつぼの「舌が長い」んじゃなくて「鼻が低い かつ 鼻の下が短い」から成功したんじゃね?



みつぼ曰く「次なる課題は、舌先でサクランボの枝を結ぶ事っ。」
だそうです。


ちなみに、飼い主のワタシは鼻にも届かないし、結べもしません。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月21日 (木)

カメ>ネコ。

こんにちは。
12/20の亀田興毅がどーしても「ウド鈴木」にしか見えなかった飼い主のmitsuboです。


今日の日向ぼっこ。

061220

ネコのみつぼも一緒に日なたぼっこしています。
カメのうずらに対していつも無関心な(もしくはカメがコワい)みつぼが、今日は珍しくそばに来て見守っています。

ワガヤの場合、恐らく、カメよりネコの方がビビリな性格なので、みつぼがうずらに対して手を出したりはしません。


そうは言っても、うずらには警戒心というものがないんだろーか?

巨大な毛のかたまりがそばに居るのに、まったく無視でお食事中。

自然界でもこーなのか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月19日 (火)

どこかで見たはず。

Photo

ワタシのおかんがよく行くゴルフ場に出没するタヌキさんです。
日によっては、7人家族で出没するらしいです。かわいい。


おかんが携帯で撮影して送ってくれました。入魂のワンショットです。
※おかんはこのタヌちゃんを撮影するために、携帯を買い換えました(^o^;



しかし、このタヌちゃん、どっかで見た気がするなぁ。


このほっこりした腹&腹毛…。

この控えめな長さのあんよ…。

この安産型のセクスィーなヒップ…。




んー?んーーーーー。

はっ!!!!!!



Nec_0025

なんだ、みつぼじゃん( ̄□ ̄;)!!

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年12月17日 (日)

職務質問。

昨夜遅く、二人のおまわりさんが、暗い草むらでしゃがみこみ、何かをあさっている怪しい女性を職務質問していました。

そう、その怪しい女性とはワタシでございます。

ワタシは、カメのうずらの大好物・たんぽぽを採取していたのです。
夜中、暗い道ばたで無心に草をあさってりゃ、そりゃアヤシイですよね。


おまわりさん1「はーい、こんばんは。今日は何をしていらっしゃるんですかぁ?」
おまわりさん2「あー、何か落とし物しちゃったかなぁ?」

↑やけに優しい感じの語尾が一層、威圧的に感じますよ、あなた方。
 しかも、顔に直撃の懐中電灯、まぶしいのよ!


ワタシ「(今日は、だと?なんだか毎日怪しいコトやってるみたいな言い方じゃないの!と思いつつ)あ、いえ、たんぽぽを採ってま、ます。」


おまわりさん1「んー?何に使うのか聞いてもいいかなぁ?」


ワタシ「あ、草木染めに使うんです。」

※どーして「カメのエサにするんです。」と答えられなかったのか、
今でも自分が分からないワタシです┐(´-`)┌

そういえば、夏にこの近所で大量の白い粉を積んだ車が摘発されたって、近所のおばちゃんが言ってたなぁ。

も、もしかして疑われちゃってる?



以後、なんやかんややりとりがあり、結局免許証の提示とカバンの中チェックで無罪放免に。




061217_1
↑昨夜の戦利品。



061216_2
「うむ、ご苦労であった。」
↑飼い主の苦労、カメ知らず。


| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006年12月15日 (金)

お地蔵様。


061215

ワガヤのお地蔵様デス。





あ、起きた。


061215_2_1
「く、首の肉がジャマして、こ、これ以上起きあがれないニャ…。」


今日は朝からイマイチ元気のなかったみつぼ。
食欲もないようで、やはり朝食をもどしてしまいました。
月に何日かは、こんな日がありますね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月13日 (水)

違いの分かるカメ。

061213_1

先日、ネコのみつぼがお世話になっている病院の院長先生から小松菜をいただきました。

院長先生の畑で収穫したものです。
先生は、厩舎にお馬さんを所有していて、そこから出る馬糞を肥料にした有機・無農薬野菜だそうです!


おいしそうなのが一目瞭然。
早速、油揚げと一緒に煮浸しにしてワタシの夕飯に。

(;∇;)オイシスギル、オイシスギルYo!小松菜!


で、アンチ小松菜派のうずらにもおすそ分けをしたのですが…




061213_3


普段、仕方なーく小松菜を食べるうずらが、今回は目の輝きが違う。

嗚呼我家亀長谷川理恵如。
↑訳:ウチのカメさんは野菜ソムリエかYo!




じゃー、みつぼの猫ふ○を肥料にして家庭菜園を始める?


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月11日 (月)

新聞を読もう。

気持ちのいいお天気の日は、カメのうずらを窓越しに日なたぼっこさせています。

その間、ワタシはお日さまの明かりで新聞を読むのが日課になっています。


新聞を読もうと広げると、その音を聞きつけて飛んでくる怪しいアイツ…



061211_1


出た。占有屋みつぼ。
こうなると、新聞紙を引っ張ろーがたたもーが、占有屋みつぼは微動だにしません。

新聞=自分のために敷いてくれた と信じて疑わない占有屋みつぼ。


でも、こんなお手てを見せられたら、
新聞読むことなんてどーでもいーや(*´ο`*)=3 と思うオヤバカなワタシでした。




061211_2


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月 9日 (土)

ネコの血液検査。

こんにちは。
近頃、TVに映る中島美嘉がより一層、マリリン・マンソンに見えて仕方ない飼い主mitsuboです。

ネコのみつぼの病気【門脈シャント】が判明してから1ヶ月が経った先日、みつぼを連れて、病院へ行ってきました。

目的は、月に1回の血液検査です。
みつぼの病状が改善するか、もしくは発作が発生しない限り、この月に1回の検査は続きます。


胃が空っぽの状態で検査する必要があるため、前夜のゴハン以来何も食べさせてもらえないみつぼは、朝からずーーーっとゴハンの場所で待機しています。

061209
「ハラヘッタ。ゴハンまぁだ?」

ごめんね。病院から帰ってくるまでガマンね。m(_ _)mスマン


病院に着くと、すぐ血液検査。
診察台の上のみつぼは、相変わらず「みぎゃーぴぎゃーっうみょーー……」と文句タラタラでしたが、いつも威勢がいいのは口だけ。
決して暴れたり噛みついたりはしません。


検査結果が出るまで15分。
その間……
ワタシは、結果が悪かったらどうしよう…とドキドキ。
みつぼは、イヤなコトばかりする院長先生にシャーシャーと威嚇。お前はコブラか?


そして検査結果は…
良好でしたヽ(゚▽゚*)ノ
毎日の薬が効いているようです。


検査では「血清アンモニア」という値を調べます。
血液中にどれくらいアンモニアが流れ出てしまっているかが分かります。


一般のネコの血清アンモニアの基準値は、0〜60μg/dl。


先月のみつぼの値は、343μg/dl。
↑この数字は、すでに発作が起きていてもおかしくないほどの高さでした。


今回のみつぼの値は、40μg/dl。
基準値内です。がんばったねぇ、エラいぞ!


今週末には、門脈シャントに詳しい獣医さんがみつぼのデータを検討してくれるそうです。
手術すべきか、このまま内科的療法でいくのか…。
症例が少ない分、獣医さんの中でも意見が分かれるそうです。
まだまだ問題もあります。


ワタシはみつぼが少しでもツラくない時間をすごせたら…ただただ願うだけです。
みつぼにとって(恐らく)世界一!のワタシの手のひらで、たーくさんなでてあげることくらいしかできないけど、ゆっくり頑張ってね、みつぼ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 7日 (木)

ココログって…。

このBLOGサービスであるココログのシステムメンテナンスがやっと終わりました。
12/5〜12/7まで、合計56時間にわたる大メンテだったみたいです。

その間、アクセスしにくくなったりコメントが書き込めなかったりとご迷惑をおかけしました!

…って思ったら、今日のココログからのお知らせによると、今回のシステムメンテナンスで問題が発生し、メンテナンス前よりも状態が悪くなっているみたいです。改悪。あらら。
※閲覧・コメント書き込み等は問題ないそうです。

システム担当者(社)、胃が痛いんだろうなぁ。
おウチ帰ってないんだろーなぁ。
クサイんだろーなぁ。

きっと、ニフティの二部上場に合わせた大々的なメンテナンスだったんだろうに…
(っつても、上場直前までメンテナンスやってるコト自体、どーかと思うけど)
とんだ土が付いちゃいましたね。大変だ。

実はワタシ、昔、某鉄道会社でSEをしていました。
同じようなシステムトラブル、何度も経験しました。
焦るシステム担当者。怒鳴るユーザーさん。それでも電車は止められない。

前に進むどころか、一歩前進三歩後退のニフティ。
大丈夫なのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 5日 (火)

しめじコワイ。

こんにちは。
最近、なぜか、ペ・ヨンジュ氏のセコム警備員姿に軽くイラッとくる飼い主mitsuboです。


今日は、初めてうずらに「しめじ」をあげてみました。

普段、ゴハンをあげる時はお皿にゴハンを乗せっぱなしにし、放っておきます。
うずらをお皿の場所まで運んだり、顔の前にゴハンを持っていったりはしません。


しかし、今日は違いました。
うずらにとっての珍品「しめじ」にどう反応するのか興味津々だった私は、そーっとうずらの鼻先にしめじを差し出してみたのです。


そんな好奇心がイケナカッタのね…



061205_2


しめじをマイクにして、インタビューするかのような私の手。
そして、見慣れない白い物体の接近に恐怖を感じ、慌ててシャッターをガラガラガラッーと閉じ、閉店状態のうずらさん。

さし詰め、『突撃・となりの晩ご飯』のヨネスケと、ノーメイクで焦る奥さんといったところでしょうか。


ハードコアなうずらさんは、普段、何かを怖がる素振りは見せないですが…
相当に怖かったのね、突然しめじ。
ごめんごめんよー。
もうしないからしめじを食べておくんなまし。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月 3日 (日)

家政亀は見た。


『家政亀は小松菜からのぞく…
    亀一族、愛と欲のからみ合い!!』


061203_1
「あらあら会長さんったら…まずい葉っぱばかりよこしおるわ。」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月 1日 (金)

育つうずら。

2006年5月14日の記事では、ちんまりと手のひらに乗っていたうずら。
故郷の国とはまったく異なる人工的な環境の中、がんばって大きく育ってくれています。


Tenohira1_2
↑2006年5月のうずら
 ワガヤに来たばかりの写真です。
 甲長6.5cm 体重66g


061201
↑2006年11月末のうずら
 甲長8.0cm 体重118g


おっさん顔になってきました。
物怖じしない性格が日々頭角をあらわしはじめ、いまや、手のひらでじっとなんぞしてくれません。

でも、手のひらに感じるこの重みが、命の重さ。
大切にしたいです。
じっくり育ってくださいね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »