« ココログって…。 | トップページ | 新聞を読もう。 »

2006年12月 9日 (土)

ネコの血液検査。

こんにちは。
近頃、TVに映る中島美嘉がより一層、マリリン・マンソンに見えて仕方ない飼い主mitsuboです。

ネコのみつぼの病気【門脈シャント】が判明してから1ヶ月が経った先日、みつぼを連れて、病院へ行ってきました。

目的は、月に1回の血液検査です。
みつぼの病状が改善するか、もしくは発作が発生しない限り、この月に1回の検査は続きます。


胃が空っぽの状態で検査する必要があるため、前夜のゴハン以来何も食べさせてもらえないみつぼは、朝からずーーーっとゴハンの場所で待機しています。

061209
「ハラヘッタ。ゴハンまぁだ?」

ごめんね。病院から帰ってくるまでガマンね。m(_ _)mスマン


病院に着くと、すぐ血液検査。
診察台の上のみつぼは、相変わらず「みぎゃーぴぎゃーっうみょーー……」と文句タラタラでしたが、いつも威勢がいいのは口だけ。
決して暴れたり噛みついたりはしません。


検査結果が出るまで15分。
その間……
ワタシは、結果が悪かったらどうしよう…とドキドキ。
みつぼは、イヤなコトばかりする院長先生にシャーシャーと威嚇。お前はコブラか?


そして検査結果は…
良好でしたヽ(゚▽゚*)ノ
毎日の薬が効いているようです。


検査では「血清アンモニア」という値を調べます。
血液中にどれくらいアンモニアが流れ出てしまっているかが分かります。


一般のネコの血清アンモニアの基準値は、0〜60μg/dl。


先月のみつぼの値は、343μg/dl。
↑この数字は、すでに発作が起きていてもおかしくないほどの高さでした。


今回のみつぼの値は、40μg/dl。
基準値内です。がんばったねぇ、エラいぞ!


今週末には、門脈シャントに詳しい獣医さんがみつぼのデータを検討してくれるそうです。
手術すべきか、このまま内科的療法でいくのか…。
症例が少ない分、獣医さんの中でも意見が分かれるそうです。
まだまだ問題もあります。


ワタシはみつぼが少しでもツラくない時間をすごせたら…ただただ願うだけです。
みつぼにとって(恐らく)世界一!のワタシの手のひらで、たーくさんなでてあげることくらいしかできないけど、ゆっくり頑張ってね、みつぼ。

|

« ココログって…。 | トップページ | 新聞を読もう。 »

ネコのこと。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/177942/12968348

この記事へのトラックバック一覧です: ネコの血液検査。:

« ココログって…。 | トップページ | 新聞を読もう。 »