« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月に作成された記事

2007年7月31日 (火)

カメ散歩。

梅雨とは思えない晴天が続いた先週、ホシガメのうずらを連れてお散歩へ行きました。
場所は、自宅から歩いて数秒の所にあるお寺の境内です。

まずは「ちょっと場所をお借りします!」と、お堂に参拝を済ませてから、人気の少ないお堂の裏手へまわり、うずらを放牧。


070731_1_2
地面に置いた途端、スイッチON!
カメとは思えない速さで歩き出すうずら。

いつも思うのですが、うずらの辞書には「物怖じ」という文字は無いようです(´∀`)


070731_2_2
お堂の裏手はかなり広々とした場所なんですが、うずらはどうしても端っこの壁づたいを歩きたいようです。
広々した場所のど真ん中を歩くよりも、端っこの方が安全安全♪という本能なのかも知れません。


070731_3
うーん、人工的なケージ内にいる時とは大違い。
ヤセーーイ的な風格が漂います。


もっと野草の生い茂った場所へ連れて行けば、ゴハンも食べられて一石二鳥なのですが、入念に手入れされた境内に生えてるのは、風情あるコケだけ。
野草1本も見あたりません。

その代わり、樹齢400年を超えるという木々があちこちに生えていて、暑ーい直射日光を柔らかく遮ってくれています。

明日には東京も梅雨明け。
秋が来るまでは、ちょくちょく散歩に連れ出してあげようと思っています。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年7月28日 (土)

手ぬぐいコレクション/夏。

ネコのみつぼは、手ぬぐいが大好きです。
特に、暑いこの季節、涼しげな手ぬぐいの肌触りがたまらなくキモチイイご様子です。

今日は、そんなみつぼさんの「手ぬぐいコレクションと活用術」をご紹介します。

070728_0
↑みつぼさんお気に入りの手ぬぐい。
 伝統的な水玉模様がアナタのシブさを一層引き立ててくれます。



070728_1
↑お次は、愛らしい「金魚」柄。
 赤い金魚さんが夏らしい1枚ですねー。
 襟もとからのぞく、華奢な鎖骨((・_・= ・_・)ド、ドコ?)がセクシーです。



070728_2_2
↑ちょっと肌寒い日でも、手ぬぐいはアナタの強い味方!
 こうやってくるまればもう、サムクナーーイ!



070728_3_2
↑寝冷えなどが心配なアナタには、こんなターザンスタイルがオススメ!
 これでもう、お腹が冷えることもなく安眠間違いナーーイ!


モデルネコ:みつぼ氏【2007年度 ミスユニャバース】

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月25日 (水)

ハイビスカス。

ホシガメのうずらは、ハイビスカスの花が大好物です。


今年もキレイな花が咲いたので、さっそくうずらへ献上。


070725

がっぷり喰いついてますねー(´∀`)


ちなみに、昨年のうずらは、ハイビスカスの花の食べカスをこんな場所↓に仕込んで、ワタシを笑わしてくれました。

061019_2


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月20日 (金)

門脈シャント。

以前にも記事に書きましたが、ワガヤのネコ・みつぼは「門脈シャント」という病気を患っています。


このBLOGへ「ネコ・門脈シャント」等の検索ワードで訪問してくださる方が多いこともあり、今日はみつぼの病状について書かせていただきます。

長文でスミマセンが、何かのご参考になれば幸いです。


※今までの病状についてはコチラの記事をご覧ください。
『ネコの病気。』【ネコの病気発見〜検査】
http://mitsubo-uzura.cocolog-nifty.com/blog/2006/11/post_adb0.html

『ネコの血液検査。』【ネコの定期血液検査の結果】
http://mitsubo-uzura.cocolog-nifty.com/blog/2006/12/post_3122.html


では、まず…

■血液検査の結果について
昨年以来、1〜2ヶ月に1回のペースで血液検査をしています。
門脈シャントの場合、一番問題になるのが「血清アンモニア(NH3)」という値ですが、みつぼは高い時で343μg/dlありました。

今回の検査では、幸いな事に17μg/dlまで下がっていました。
※一般のネコの血清アンモニアの基準値は、0〜60μg/dlです。


■薬について
血中のアンモニアを下げるシロップ薬「ラクツロース」を処方されています。
当初は、食餌前に無理矢理このシロップ薬を飲ませていたのですが、かなり嫌がってしまい、飲ませることが難しくなりました。

そこで先生に相談した所、朝晩の食餌にシロップ薬を直接かけて服用させてOKとのことでしたので、それ以来、食餌にかけて飲ませています。
元々、甘い味の薬なので、食餌にかけても嫌がりません。


■食餌について
病気が見つかる前まで食べさせていたネコ缶ではたんぱく質などが高すぎるため、療法食へ切り替えるよう病院から指示されました。
みつぼの場合は、ヒルズの食事療法食「k/d」(ウェット・ドライ両方)を食べさせるよう指示されました。

…が、やっぱりあまりおいしいものではないらしく、ほとんど食べてくれません。
これまた先生に相談した所、今まで食べていたエサを少しだけなら混ぜても良いとのことでしたので、今は「k/d」:「今までのネコ缶」を3:1くらいの割合で混ぜています。


■普段の様子について
たまに食餌後、すぐにもどしてしまうことがあります。
また、たまに元気がなさそうなときがありますが、先生の話では、以前ほど深刻な状況ではないようです。


■手術について
若いネコであれば、問題のシャント部分を閉じる手術が一番効果的らしいのですが、6歳をすぎたみつぼは成功の可能性が低くなるということで、手術はしないで治療を続けるとのことです。


■今後について
最近の血液検査の結果が良かったこともあり、夏を過ぎた頃に再度詳しい検査をし、その結果も良ければ、ラクツロースの服用を一時中止して様子をみてみましょうとのことです。
※夏場は具合が悪くなる可能性があるので、それまではラクツロースを欠かさない方が無難らしいです。

以上が最近までの状況です。


最後に…
門脈シャントは遺伝による場合が多いらしく、予防できる病気ではありません。
どんな病気でもそうですが、早期発見が大切です。
マメな定期検診を怠らないことが重要です。


また、治療方法や食餌内容は、あくまでもワガヤのネコの症状(今のところ、門脈シャントの症状としては軽い方だと思います)に合わせたものです。

少しでも疑問や不安をお持ちの方は、すみやかに獣医師の診断をお受けになる事をおすすめいたします。


| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年7月17日 (火)

ひっくり返った。

『ゴトンッ!』という音が、ホシガメのうずらのケージから聞こえました。


気になって見に行ってみると…


070718_1

ありょー。ひっくり返ってるヽ(゚∀。)ノ

この瞬間、ワタシのキモチメーターは「助け起こしてあげたい」よりも「シャッターチャンスだぜ!」へと傾いてしまいました。
スマンうずら。


で…うずらがどこまでがんばれるか、
カメラ片手に、見守るコトにしました‖_-*)


070718_2
あ、顔が出てきた…




070718_3
「ぬおぉぉうぅううぅっ!!」
↑一生懸命ジタバタしてます。




070718_4
「じっちゃんの名にかけてぇぇぇえwwww」
↑おおぅ、ジタバタが加速してきた!!
 くぅぅ〜!助けたいけどガマンガマン。


そして2分後…

070718_5
「何か問題が?」
↑お見事、復活です!


ぷぷっ、涼しい顔しちゃって!
‖_-*)ワタシは見ていたよ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年7月14日 (土)

も…う…ダ、メ…。

今朝、ごっつい寝坊したワタシ。


そんな日、必ず起こしてくれるのはネコのみつぼ氏。
「ニャー!ハラヘッターハラヘッター!!」と、寝ているワタシの腕にビチョビチョのお鼻を往復ですりつけて起こしてくれます。


最初の30分くらいは、アタマをナデナデしてあげると大人しくなるのですが、時間とともに段々と取り立て(?)が厳しくなります。

根負けしたワタシは、起きあがってみつぼにゴハンをあげ、続いてホシガメのうずらのケージを覗いてみたのですが…


070715_1
「は、腹減りすぎて…、お…ら、も、う、ダ、ダメ……」

顔が濡れちゃったアンパンマンみたいに、ダウンしていました…(^∀`。)


レンガにちょこんとアゴを乗せた姿が、なんとも悲壮感あふれています。

昨日は、エサをかなり少な目にあげたコトもあり、もはや空腹で一歩も歩けない…そんな様子に見えちゃいました。


高速モードで用意したエサをあげたら、ダッシュで駆け寄って来ましたけどね(;´Д`)


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月12日 (木)

卍寝。

ホシガメのうずらさん、今日はとことん眠いようです。


大好きなエサまであと一歩の所で眠気が襲ってきたようで…

070712_1_1
寝ています(´∀`)



上から撮影してみようとしたら…
070712_2
あ、起きちゃった(汗)


この、手足をだらーっとさせた寝相を見ると、一瞬「げっ、具合悪いの??」と思ってしまいますが、実はリラックスしている証拠なんです。


カメ飼いさんの間ではこの寝相を「卍寝(まんじね)」と呼んでいます。
文字通り、上から見ると「卍」のような寝相です。


070712_3
ちょ、だいじょーぶー?な出来の絵ですが、絵で説明するとこんな感じです(゚▽゚;)


| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年7月 9日 (月)

抜け毛。

春さき〜夏にかけて、ネコはすんごい毛が抜けます。
そりゃもう、すんんごいです(・∀・`*)


特に抜ける時は、こんな感じ↓です。
070709_1

なんだか、この抜け毛使ってもう1匹、ネコが作れてしまいそうですね(;´Д`)



…で、作ってみました。

070709_2
「再生にゃぁぁあーーーっ!」


抜けた毛を集めて、手のひらでコロコロしているとこんな感じにまとるんです。
みつぼは気が向くと、この「自毛ボール」を転がして遊んでいます。

ある意味、リサイクル?

※ちなみに顔と耳は、後からパソコンで描き足しております(・∀・)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2007年7月 6日 (金)

放牧。

ホシガメのうずらを室内に放牧してみました。


少しもビビることなく、楽しそーに散策しています。

狭ーいケージの中よりずっとおもしろいんでしょうね(´・`)


そして…
うずらの軽やかな足取りとは正反対に、カメを怖がり、固まってるネコのみつぼ(・x・)

070706_1
みつぼ「来んな、来んな!こっち来んなぁぁぁwwwww」


うずらはお構いなしにウロウロウロウロ♪


とうとうネコのみつぼは、うずらに向かって

070706_2
「シャーーーーーーーーーーーッ!」


と、勇ましくケモノの力強さを見せつけたいところですが、
実はこの写真、ネコのみつぼがあくびをした後の写真です( -.-)

不穏な物体が歩き回る状況の中、自分を落ち着けようとあくびをしたようです。


ワガヤで一番の男前は、やっぱりホシガメのうずらです…。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »